読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

存在しているだけで価値のある自分だったら

これを前提にすると何もしなくてもいいことになる。

既に価値があるのだから役に立つことをしようとしなくてもいいし、実績や結果を残そうとしなくてもいい。

実際にこれをやってみようとすると勇気がいるんですよね。

逆に役に立とうとしたり、実績や結果を残そうと頑張っていたほうが楽なぐらい。

それぐらい何もしないということに対して抵抗感のある自分。

昔からそんなにストイックだったかというとそうでもなくて、小学生の頃なんてゆるゆるでしたからね。

勉強らしい勉強なんてしたことなかったのにテストではそこそこの点数取ってましたし。

中学になって「しなくてはいけない」というのが増えてきてから調子が悪くなっていった気がするなぁ。

本来はゆるゆるな自分なのに、きっちりした自分にならなければいけないというのが、そもそもの間違いでしたね。

以前に比べたらだいぶマシにはなってきたけれど、それでも根強く残っている感覚ですね。