読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

才能の安売りはアカン!

才能というのは当たり前のように出来てしまうことなんで、本人も安売りしているという感覚が無いんですよね。

僕の場合だったら面白いことを考えることだったりネーミングを考えること。

これが才能だということに気がついてなくて周りに指摘されて気がついたほど。

好きで得意なことだったりするんで、友人と会話してたり飲み会の場なんかでもポロッと言ったりします。

これが面白いことに、その場はウケるんだけど価値は感じてもらえない。

自分もそういうつもりで言ってたわけではないんで問題ないんだけれども、お金を払って喜んでくれている人もいるわけなんで、あまりにも簡単に言い過ぎるのもどうしたものなのかなと。

「ここからは有料で…」と出し惜しみしたいわけではなくて、もっと自分のことを大切にしていこうと思ったんですよね。

人生は限られているし、いつ終わるのかも分からないんで。