読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

好きを貫き続けること

年末に放送されてた探偵ナイトスクープの「電車くんの最終運行」を見て泣いてしまった。

下記は公式サイトから依頼内容を引用

 神戸市の男子小学生(12)から。僕は小1から6年間、小学校でずっとやり続けている事がある。 

それは電車になって、校庭を走り回る事。

ほとんどの休み時間は電車になっている。

小5からはグレードアップした電車になって、走り回っている。

休日や祝日など、学校が休みの日以外は、暑い日も寒い日も、少しくらい雨が降っても、電車になって無休で走ってきた。

たくさんの友達や先生も応援してくれ、みんなは僕の事を「電車くん」と呼んでいる。

ただ、この3月で小学校を卒業するのを機に、電車になるのを止めようと思う。

そこで最後に学校を飛び出して、自分の住む町で最終運行をやりたい。

探偵さん、手伝ってください、というもの。

好きなことを貫き続ける姿勢と周りの人達から愛されてる様子に感動してしまったなぁ。

ダンボールで電車を作って、それを身につけ休み時間になったら校庭を走るというのを6年間続けるって相当大変ですよ。

このブレない姿勢は見習わなければ!