読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

怒られないようにという前提

ここ最近、へこむような出来事があった。

しかも去年と全く同じという。

一旦解決したと思いきや、そうでもなかったらしい。

対処療法ではなくて根本的に解決しないと、また同じことが起こりそうな気がするので内観してみることにした。

出来事を何とかしようとするのではなくて、その出来事が起こった時に湧き上がってくる嫌な感情の根っこを探る感じ。

この根っこを見つけてあげないことには、また何度も同じことを繰り返すことになるんで。

1時間ぐらい内観して分かったことは「怒られないように」という気持ちが前提にあるということ。

誰でも怒られたら多少は嫌な気持ちになりますが、僕の場合は怒られると過剰に反応しちゃって血の気が引いちゃう感じになっちゃってたんですよね。

無意識に身体が反応してしまって思考では何ともならない。

なので学生の頃なんかは、先生に怒られないように大人しくしてましたよ。

だからなのか今でもたまに学校の夢を見るのですが、その内容が教室に辿り着けなかったり、教科書が無かったり、宿題を忘れてたりとロクな内容でない。(笑)

だとしたら「怒られないように」の原因は、何なのか探ったらありました!

幼いころ、父親の言うことを聞かなかったら怒られて外に出されて家から締め出されたんです。

泣き叫んでドアをドンドン叩いてた記憶がハッキリと残ってます。

この時の感覚が無意識に残ってたみたいです。

人生のパズルが解けたみたいで、その瞬間に身体が脱力状態になりましたし。

よくそんな神経を張りつめた状態で頑張ってこれたなと自分を褒めてあげましたよ。

ここまで書いておきながら最初の出来事、実はまだ未解決。

内側のチューニングは一段落したので現実がどう変化していくのか。

しばらく見守ります。