読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

自分のことを褒めよう

自分は宇宙の一部であり、そもそも素晴らしい存在なんだという前提で生きてるわけなんですが、そういえば前は自分のことを褒めてなかったことに気が付きました。

何かしらの大きな結果を出せた時は褒めるけれど、そうでない時は基本的にダメ出しが多かったかな。

なので特に何もしてなくて結果を残せてない時は肩身が狭かったんですよ。

というか、そういう時の方が多かったので四六時中生きにくいというか、今にして思えば苦しくしている原因は自分なんですけどね。(苦笑)

こうやって自分のことを褒めて優しくしていると、周りからも優しくされている感覚になってきますね。

具体的に人から優しくされてるわけではないのに、空気そのものから優しくされてる感じ。

「愛は空気みたいに満ち溢れている」みたいな話は何度も見聞きしたことがあるけれども、こういうことが伝えたかったのかな。

世の中の見え方が、だいぶ変わってきたような気がする。