読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

目標を壁に貼る意味合い

昔から言われてることで理想の自分になりたかったら目標を壁に貼っておくというのがあります。

これはこれで合ってるとは思うのですが、日本人の気質には合ってないという意見も聞きます。

というかやってみて上手くいかなかった人が多いと思います。

宝地図やドリームマップもそうなのですが、それを見ていてワクワクすれば問題なくて、逆に理想と現実にギャップを感じてイライラしてしまうのなら止めたほうが良いです。

そもそも良い気分に浸るために貼り付けているので、そうでなかったら意味が無いですから。

なぜ上手くいかないのかなと考えた時に思ったのは、目標に書いたことをゴールにしているからなのかなと。

そうなると必死にゴールに行こうとすればするほど、今の自分は理想ではない位置にいるとと刷り込んでいくわけで、もがけばもがくほど深みにはまっていくわけです。

僕もその意味合いで目標を壁に貼っていたのですが、これってもしかしたらゴールじゃなくてスタート地点を意味するのではないかなと思ったわけです。

今の自分は既にそうなっているのだという確認みたいな意味合い。

既にそうなっているとしたら行動の仕方も自ずと変わってきますよね。

そこから湧いてきたことを行動していけば気がついたら目標に達成しているというわけです。

引き寄せ系の人達が言っているのは多分これ。