読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

電話応対と茶道の深い関係性

昨日は、とある人のプロデュースというか、方向性を考えるためSkypeセッションしてました。

前から電話応対の仕事をしてるのは知ったのですが、微妙にポジションがズレてるのが気になってた人なんですよね。

話を聞いてみると電話応対の仕事をするのは間違ってなくて、過去のストーリーを聞くと、それをやるように仕向けられてるぐらいの感じはありました。

そして、どうやら電話応対で伝えたいのは、その先にある人間力の向上だということが伝わってきました。

ちなみに、この方は茶道もやっています。

そこで僕がピンときて「茶道とも通じるものがありますよね」と話を振ってみたら、やっぱりそうらしく、その後は電話応対と茶道の類似性を教えてくれました。

茶道というのはロジカルに出来ているらしく、物を置く場所や動作には一切の無駄がないそう。

電話応対も同じで、物を置く場所や動作の無駄をなくすことが大事なのだそうです。

もちろん共通して心の部分も大事ですよ。

その時に僕が「電話道ですね」と言ったら好感触だったので、近い将来、電話道がお目見えになる時があるかもしれません。