読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

長文に挑戦

 自分のブログを読んでもらうと分かりますが基本的に短文です。

たぶん日常生活からなんでしょうが何事も短くまとめてしまうクセがあるんですよね。人の話を聞いて「それって◯◯ってことですよね」みたいな。

そういう性格というか性質なんでブログも短くまとめてしまいがち。

これはこれで味があって良いかなとも思ってましたが、新たな挑戦ということで長文を書いてみることにしました。

しかもダラダラと書いていきます。

自分の頭の中で考えていることをノートに書き出してスッキリするという作業を、かれこれ10年ぐらい続けていて、それだったらブログでやってしまったらどうなのかなというのもあります。

あと短文だと検索に引っかかりにくいような気がします。

そもそも大したことを書いてないというのもあるけど…。

いつも400文字ぐらいの記事を書いて投稿するというのを3年ぐらい続けていたけれど、アクセス数は30前後でウロチョロしていて、これ意味が無いなと。

それだったら踏ん張って1日2000字ぐらい書いてみようじゃないかと思ったわけです。

逆にブログを書き出したら文章が長くなってしまって困るという人が居ますが羨ましいです。

ここまで書いてやっと500文字前後なんで大丈夫なのかなと思いつつ続けてみます。

たぶん長文になってしまう人って、連想ゲームみたいに文章を繋げているような気がするんですよ。

だからアレコレ書きたいことが浮かんできて文章が長くなってしまう。

これってコミュニケーションにも似ているなと。

話し相手が投げてきた話題に連想することをつなげていく。

これって僕が苦手としていることですわー。

下手したら思いついたことをポンポン言っていけばいいだけなのに、変に考えてしまうから会話に詰まってしまうのかも。

それか自分が主張したいことが全くないとか。

んー、それは無いような気もするけど、おそらく長々とアウトプットする筋肉というのが育ってないからなのかもしれない。

だから長文を書く練習を今から始めて筋肉を育てるわけで。

話はちょっと変わるけど、今とある本を読んでます。

もともと本を読む習慣がないというのもあるのかもしれないけど、これまた長文を読むのが辛かったりする。

読める時はサラッと2時間ぐらいで読めたりもするから不思議。

どうしてサラッと本を読める場合があるのか考えてみたら、おそらく著者が書いている文章とリズムが合っている時はサラッと読めてしまうのではないんかなと。

サラッと読めてしまう時って何かノッている感覚があるんですよ。

ちなみに今、読んでいる本は、どうも重苦しい感じがしていまいちノリきれない。

文章を読んでいると疲れてしまって、途中で投げ出してしまった結果が斜め読みで済ませてしまう…。

これって、著者の伝えたいことを読み落としてしまうから良くないんですが。

そういうことで、やっと目標としている200字の半分まできました。

ここまで書いてまだ半分ということに驚いてます。

本を書こうと思ったらそれこそ数万字以上とかになるでしょうから自分には向いていないなと。

最初の方にも書いたけれど、「自分にはこれを伝えたいんだ!」という気持ちが無いと辛いでしょうね。

その自分の伝えたいことを色んな角度から分かりやすく書いていく。

何か大変だからといって長文を書くのを避けてきたけど、そのツケが今になってやってきたような気がしますね。

振り返ると小学校の頃から作文を書くのが嫌いで、夏休みの読書感想文の宿題なんて最悪でしたね。

指定図書を読みたくないというのもあって、前年読んだ本の感想文を書いて提出したこともあります。

今だったらその前年に書いた読書感想文を残しておいて、それと全く同じことを書くかもしれない。w

そもそも自分が読みたい本では無いというのも大きな要因かもしれない。

学校側から指定された本を嫌々読んでいるわけなんで、そりゃ感想を書けというのも無理な話だなと。そして大人になっても感想を書くのが苦手だったりします。

読んでいる人のことを考えて文章を書こうとすると頭がフリーズするんですよ。

この前にこれを書いたから次はこう書いて…みたいなことをやろうとすると面倒になってしまって途中で止めてしまうという。

そういえば以前に読んでいたブログの人は、それこそ勢い任せに書いてましたね。

その人自体がエネルギッシュな人だったので、それがそのまんま文章となって表れているようでした。

お世辞にも読みやすい文章ではありませんでしたが、よく分からない勢いみたいのはありましたね。

そうこう書いている内に目標の2000字に近づいてきましたよ。

初めての試みでしたが、思ったことをダラダラ書いていたら、あっという間だったような気もします。

スポーツに例えるとマラソンみたいな。

ただひらすらに前に進む感じで、ただひたすらにキーボードを打つ。

これは読む側にとってもエネルギーがいるでしょうね。

この文章を全て読む人がどれだけいるのか謎ですが。

そんなこんなで目標達成したので、これにて終わります。

ありがとうございました。