読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

数字のトリック

先週にあったセミナーコンテスト練習会でのこと。

講師として出場する方が「私には実績が無いんです…」というので話を聞いてみたら、1回だけど講師として人前で話しているし、しかも自主開催じゃなくて招致されてということが判明。

これって充分な実績だと思うのですが……というか僕なんて呼ばれたことないし。w

「それって実績として使えるじゃん!」ということでまとまったわけですが、凄い数字としての実績がなければ意味が無いと思ってる人って多いような気がします。

例えばセミナー開催数が10回のAさんと30回のBさんがいて、数字だけならBさんの方が凄そうです。

でもAさんは全て他の人に呼ばれてのセミナーが10回で、Bさんは全て自主開催で30回だとしたら、これまた印象が変わってきますよね。

最近の流れだと数字の実績は無いよりあったほうが良いけど、それほど重要視されなくなってきてるかなと。

勘の鋭い人なんかは空気感みたいなところで判断してる印象です。

僕も数字だけでは判断しないし、違和感があったら近寄らないですし。

逆に言うと数字だけで寄ってくる人はカモにしやすいのかなと。

そのかわりクレームも大量に来るらしいですが…。