読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

月収100万円の謎

目標を立てるにあたって月収100万円を設定する人って多い。

僕もそうだったけどキリの良い数字だからとか、周りを見渡すとそういう目標を立てている人が多いからとか、何となくで決めているような気がする。

それでこの前、ふと思ったのが、このまま収入が増えたとしても支出も増えるわけだから、満足度としてはそんなに変わらないんじゃないのかなと。

むしろ増えた分だけ減らしたくないという気持ちが強くなって余計プレッシャーがかかりそうだなと。

ということは月収が100万円になろうが、1億になろうが、「まだ上がある!」とか「もっと欲しい!」と思っている限り、生涯欠乏感がつきまとうことになります。

それをバネにして上へ上へ進んでいく方法もありますが、それが出来るのはごく一部だけだと思います。

だとしたら、どうするのかというと「今、お金は充分ある」前提にしてしまうこと。

お金は充分ある前提になれば数字は関係ないですよね。

あるにフォーカスするのか、無いにフォーカスするのかで引き寄せるものも変わってきます。

目標達成型は数字の目標設定でもOKだけど、日本人は展開達成型が多いので、今この瞬間を豊かに生きたほうが結果的に欲しいものが手に入るような気がしますね。