読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

存在給

自分の作ったものに対して「神がかってて凄い!」「これは高い料金にしたい!」と思う反面、「コレって世間的に価値があるのか」「価値があるとしたらどうやって説明すれば良いのか」というところでモヤモヤしていました。

それでパッと道筋が開けたのがこちらの記事。

まとめると、高い価値の僕が作ったのだから、高い値段で当然でしょみたいなことですね。

高い値段を頂くということは、それだけ頑張らなければいけないと思い込んでました。

そうではなくて数万もらおうが、数十万もらおうが、何も変わらない。頑張らなくてもいい。

付加価値をつけようと必死にならなくていい。

というか、そのままで素晴らしいのだから何もしなくていい。

いやー、肩の荷が下りましたわ。