読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らしい仕事の創り方

理想の自分になりきって生活したらどうなるのか実験中

謎のこだわりが邪魔をしていた

友人と話していると「そのこだわりは何?」と思ってしまうことがあります。

傍から聞いているとどうでも良いことなんだけど、友人本人からしてみたらとても大切なモノのように扱っている。

「そのこだわりって別に要らないんじゃない」って言ったこともあったけど、全く聞く耳を持たず捨てようとしない。

あまりにしつこく言うと煙たがられそうなので、最近ではそういうことを見つけても黙ってますが。

本人らは「幸せになりたい」とか「成功したい」と口にするのに、大切に抱えている謎のこだわりが邪魔をして阻害している。

逆にそれに気がついた人は、どんどん捨てていって身軽になっていってます。

片方では捨てるに捨てられない状況が続いて、片方ではどんどん捨てていって身軽になっていく。

パッと会った時に、この人身軽だなというのも不思議と分かるので、そういう人は一緒にいて楽しいですね。